CALENDER

« 2009-02 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

CATEGORY

ARCHIVE

SERCH

LINK

APPENDIX

無料情報サイト Gabean.com
ブログ紹介

管理人:はまりゅう

自分のPCとか車について中心に書いてます。
写真はほとんど携帯のカメラで撮影したものです。
そろそろ500万画素くらいの デジカメかDV買おうかな?



Atom計画その1
さて、タイトルなんだがこれはAtomというIntel社が開発した
低消費電力型マザーボード&CPUである。
思えば去年このプラットフォームは出たんだが。
このAtomのおかげで、価格を安く押さえ込んだモバイルノートとか
ネットブックなる大廉価ノートPCとか超小型デスクトップPCの自作に
思いっきり火がついたわけだが。

上の大廉価ノートで思い出した!

SONYからも廉価といえるVAIO Pとか売り出したな。

めちゃくちゃ安くて89800円!

てか高いじゃないか!
こんなののどこが廉価?
まあSONYというブランド代が5万円含まれてると考えれば
あとの性能は39800円なんだがね。

さて、ここまではいいとしてせっかくなりが小さなATOM。
ケースなんかもセガサターンとかスーパー任天堂とか
懐かしいゲーム機に詰め込んだりとか、他にもPC9801だとか
X68kなんかの懐かしいPCのケースに詰め込んだりとしてる
ユーザーが増えてきた。
なにせ折角CPUとマザーの価格抑えたのに、小型ケースなんて
このATOM2枚分買えるようなぼったくり価格。
かといって、普通のミドルタワーなんかに積んだら本末転倒。

うちの場合は、ゲーム機でもなくて懐かしいPCでもなく
もうすぐ終焉を迎えつつあるVHSビデオデッキの筐体で考えてる。
あれ?ねじの位置とかは?
なんだが
http://momoshin.net/ct/case/original.cgi
でそれぞれの筐体内部を見ればわかるとおり、ねじをとめるために
木片なんかでフレームを作ってる場合が多いのだ。

VHSデッキ筐体を使ったPC。
これならハリボテだがオーディオラックに収めるとかなり
格好よくなりそう。
DTN-X500vsPSPその2?
クライマックスシリーズの80's。
これは80年代の大ヒットJ-POPを集めたオムニバス版である。
BLUEとYELLOWとあってどっちも2枚組。
全部で4枚組とでも言うべきか?
それも一枚に16曲も入ってるから全部で64曲!
もちろん、MP3とかAAC化して車の中で聴こうと思うが。

さて、実際はMP3はあまり使ってない。
というのも、容量の割にはあまり音質がよくない。
スピーカーからまともに聴けるのは192kbpsだろう。
これだと容量が大きくなってしまう。
そして以前までの標準だった128kbpsだと、これは
あくまでもイヤホンをして聴く場合で、スピーカーから
出すような音質じゃない。
まあ、スピーカーから音出すならせめてPVとかの
動画付きでないとつらいかもしれない。

さて、うちのカーナビTrywin DTN-X500でも音楽再生はできる。
それもWMAの再生もできるが。
これはOSにWindowsCE系をつかってるからであろう。
なにせ、WindowsMediaPlayerそっくりの音楽再生アプリが
入ってるということでもあるし。

だが、残念なことにフォルダごとの再生とかシャッフル再生には
全く対応してないのでなかなか使いにくい。
普段から車載させてるから、音楽再生はPSPもiPODも家に忘れたとか
どっちもバッテリー切れだとかの緊急用しかない。
普段はカーナビとして使えばいいだけだし。
それに、29800円のナビだからこの程度と割り切らないとだめ。
でも、動画再生はなかなか優れてるんだな。
H264とかAVCでないPSP用(正確にはiPOD互換)のMP4
とかWMVフォーマットも再生できる。

そしてPSPの方はといえば…
まずは曲目リストがフォルダごとに現れる◎
だから、「あのアルバム聴きたい!」ってときに
すぐに頭出しが可能。
再生フォーマットもMP3はもちろんだが、AACもWMAもできる。
まだまだPSPの車載音楽再生は続くな。
インサイト&世田谷ものつくり学校
本日は珍しく写真ブログを。
先日も紹介したインサイトであるが、これはまるで
FITと変わらんっていった部分を紹介。

まずは運転席に座れば誰でも嫌でも目に入ってしまうステアリング。


うちにあるFITのではない!
これは近所のホンダベルノにおいてあったインサイトのステアリング。
共通パーツを使うことによってのコストダウンが見える。
それにかなり径が小さめであるからスポーティーにも見える。

そして運転席と助手席の間の部分。


後部座席用のドリンクホルダー2つ縦置き+センターに
サイドブレーキ配置。
これまたFITとの共有部分であろう。

そして、シフト周りは…


ここに関しては専用かもしれないが、その奥にある
小さなボックスは、まさにもうFITと同じである。
そういえば、エアコンルーバーはすべて丸型だったな。
でも、運転席側にはドリンクホルダーがあった。
やはりほとんどの部分をFITと共有してるな。

そして次にいったのがこちらの
世田谷ものつくり学校。


ここはフリースポット設置場所ということでPSPを持参していった。
さて、ここの無線LANのほどはいかに?

うん、1階ではかなり強く速い。
某大型掲示板を携帯サイト側でやってみたが
どのスポットよりも表示が速かったような?
2階に上がると、見事に切れる。
そしてまた1階へと戻って試してみると、ちゃんと入るのだ。

1階の廊下の天井部分を撮影。


このように業務用であろうか?
大型無線ルータが5m間隔で設置されていた。
さて、次回はPSPではなくてEeePCを持参していくかな?
いろいろ構想
さて、先日っていうか一昨日かもしれないが
19インチワイドをオフィス専用モニターにする計画があったが
思えばofficeアプリはほとんどがFMVノートになってしまって…。
それに壊れてもいない15インチTFT液晶だって
今ある22インチモニターなんかよりもずっと高値で
(22インチ=17800円、15インチ=19800円!)
このとおりほとんど同じ?なので壊れてもいないのに
捨ててしまうのももったいない。

とはいえ、mameなんかの縦シューやるときとかは縦で使いたいし
なんて、これはbydesignの方が縦にもなるからこっちでとも?
いや、縦にするのはいいのだ。
それよりモニターの下部スペースに外付けHDDケースとLAN-HDDを
収めてしまいたいのだが。

しかし!


みなさん、注目〜!
このとおり今時液晶みたいに4つのVESA穴開いてない。
その代わりになんだか引っ掛ける2つの穴はある。

これは宙吊りにできるのでは?
と、近所のデポへと足を伸ばすとやはり
古めの15インチモニターを宙吊りにしてる。
ちょっと写真はない…写真撮影禁止なのだよ。

それは…
モニターの足を何かネットのようなものに引っ掛けて
まっさかさまにしてるらしいのだ。
このネットなんかはホームセンターで売ってるイレクターの
パーツであろう。


↑ちょうどこんな感じであった。
他にもネットを壁面に見立ててタイラップで固定みたいなのも。

これなら出費がめちゃくちゃ少なくて済みそうだが…。

さて、みなさんこれから液晶を買うときは必ず
VESA規格の4つの穴があるか背面を見てから買うようにしましょう。

...read more

もう一台モニターが欲しい?
またまたPC関連のことであるが本日は購入ではなくて
欲しいものをと。

さて、うちのPCモニターでそれもノートやなんかのを除いて
あくまでもデスクトップ用のみ。
まずはTSUKUMOオリジナルのモニターであるが。
これは15インチTFTで2005年の6月に購入。
http://blogs.yahoo.co.jp/nayukimoemasu/archive/2005/06/17
もう4年も経つんだなと。
さすがにこの時代のものなので、VESA規格のねじ穴なんてない。
ので吊りモニターできないのだ。

そして、15インチTVチューナー内蔵液晶モニタ。
これは2006年に買った。
http://hamaryu.dtiblog.com/blog-category-4.html
たったの一年でVESA規格にも対応してしまうのか?
今では宙づりモニターになってる。
これはあくまでもテストマシンを繋ぐためだけ。
普段は…実はHDDレコの録画予約専用のモニター。
そのHDDレコーダーも最近は、64x2マシンにその地位を譲りつつあるが。

やはり小さめのモニターを宙づりにしたい。
とはいえ、bydesignのはあくまでもテスト専用にとっておきたいし
というわけで、いつ出るのかはわからんがバカボンのパパ
麻生総理大臣の給付金が出たら買う物。


Acerの19インチワイド液晶モニター、19wbdである。
PCデポwebでの価格は12800円と安すぎ!
確かに縦は今の15インチとあまりかわりないんだが、実際に
16:9の画面を映し出すとなると、有効画面は大きくなる。
それに、そろそろアナログVGAじゃなくてDVI-Dを使いたい。

まあ、こちらは吊るというよりも足を取って
デスクから浮かして、その下のスペースを有効利用したい
とだけなんだが。