CALENDER

« 2008-11 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

CATEGORY

ARCHIVE

SERCH

LINK

APPENDIX

無料情報サイト Gabean.com
ブログ紹介

管理人:はまりゅう

自分のPCとか車について中心に書いてます。
写真はほとんど携帯のカメラで撮影したものです。
そろそろ500万画素くらいの デジカメかDV買おうかな?



puppyにJAVA
さて、本日はpuppyにJAVAを入れてさらにアプリを入れやすくと。
それにJavaランタイムがないとどうにもこうにも楽しめないっていう
サイトもあることだし。
ここでいうJAVAは以降Jreともいう。

さて、まずはJAVAを導入するには
http://www.java.com/ja/download/linux_manual.jsp?locale=ja&host=www.java.com
ここで
Linux (自己解凍ファイル) ファイルサイズ: 19.16 MB
というのを落としてくる。
なお、これは2008年11月25日現在である。
有志が作ってるpetファイルがあれば一番いいんだが…。

操作手順は…とりあえず(黒番号はGUI赤番号はコンソールで)
1.RoxFilerでusrディレクトリに「java」というフォルダを作る
 フォルダはディレクトリともいうが
2.コンソールで
 chmod a+x jre-6u10-linux-i586.bin
と入力。
3.binファイル実行
 ./jre-6u10-linux-i586.bin
4.ここで英文で書かれた仕様承諾書らしきものがコンソールに
ずらずらと出てくるからとにかくエンターキー押しまくって
最後にyesと入力してエンターキーを押す。

これよりFirefoxに組み込む方法。
http://www.java.com/ja/download/help/5000010500.xml#selfextracting
コンソールでのコマンドメンドクセーってわけでGUIで実行する。

つまりはこういうわけだ。
/usr/java/jre1.6.0/plugin/i386/ns7
にあるlibjavaplugin_oji.soっていうののショートカット
(シンボリックリンク)を
/opt/firefox/extensionsに作るわけだ。
GUIではこうなるのだ。


コマンドが面倒な時はこれが役立つ。

そしてこのままだとフォントの関係で日本語が豆腐になる。
というわけでまたまたGUIで。


/usr/shsre/fonts/default/TTF
にあるM+1P+IPAGっていうフォントのシンボリックリンクを
/usr/java/jre1.6.0/lib/fonts/fallback
に作るというわけだ。
ちなみにfallbackというディレクトリは前もって作っておく
コンソールからmkdirなんたらと打ち込んでもいいけど
puppyの場合はWindows的な人も多いからGUIでやってしまおう。

こちらがJavaアプレット使用したYahooゲームの麻雀


Windowsと違ってるのはコンソールは右上のXをクリックではなくて
コンソール内の「終了」をクリックしないといけないこと。
また、麻雀ソリティア(上海)も動作確認済み。

そして次にはJavaアプリの柑橘類


こちらもあくまでも検索画面であるが、「矢島美容室」と
打ち込んでもそのまま文字化けなし。
まあTorrentクライアントとしてしか使わないから
あまり日本語とか英語とかそういうの関係ないけど。

次回、PuppyのMyCDを作る。
puppyで鍵穴テレビ
まあ、何のことかと思った人も多いであろうが、
なんとしてもLINUX、puppyでテレビを見たいが
内蔵のテレビチューナーも、USB接続のちょいテレも
LINUXには対応してない。

というわけで、インターネット経由でテレビが見られると思い
今回KeyHoleTV導入に踏み切った。
以前はXPにも入れたんだが、当時はチャンネルもキー局ばかりで
地方のディープな番組が見られなくてつまらんっていう
理由だけで即時削除してしまったが。

では、導入までのいきさつ。
っていうかほとんどここをカンニングしただけだが、
http://daisuke55.blog93.fc2.com/blog-entry-250.html

まずはどれを落とせばいいのかだが
うちでは
http://www.v2p.jp/video/Viewer/Linux/32bits/LKeyHoleTV1.19-ALSA.tar.gz
というのでOKであった。

そのあとは※のページのとおり。
ちなみに一番苦労するのはやはりlibglitz.so.1の入手だろう。
さすがに他のマシンにUbuntuを入れてる何ていう人は少ないだろう。
というわけで
http://puppylinux.ca/tpp/ttuuxxx/Libs/
ここよりlibglitz.so.1.0.0というのを落としてきてすぐに
libglitz.so.1にリネームしてコピーした。

これがLINUXでテレビ視聴の画面。


ちょっと音は悪いがながら見するだけなのでこれで充分。

daisuke55さんに多大なる感謝をここで述べさせていただきます。
BBS2chreader+Split Browser
正確なカテゴリは実は「PC」ではなくてFirefoxなのではあるが
一応Puppyでも快適に2chを見るというか…。
以前、一応はWineを入れてはみたんだがやはりなんか不安定。
CD-ROM起動では必要なファイルがうまく入らないんだろう。

まずはBBS2chReaderをここより落としてくる。
http://bbs2ch.sourceforge.jp/
Firefox2.*ではここより直接ダウンロードすればよいが
3.*では開発版のNightlyより落としてくる。
数字が大きいほど最新である?

次にほかの2chブラウザと同じように3ペインにしたいということで
「SplitBrowser」を落としてくる。
https://addons.mozilla.org/da/firefox/addon/4287?lang=ja

この二つを組み合わせると、


こんな風にほかの2chブラウザと変わりなくなる。

そして悪乗りして


4ペイン化すると…とはいってもこれはあくまでもほかの2chブラウザ
と同じようにスレ一覧とレス一覧をタブ化(?)してみた。
これでJane並みに快適、とまで言いたいところだが
実際は、結構と手順が面倒。
BBS2chの板欄を下ペインのタブに開く→タブのURLをコピー→
上ペインを分割しておく→クローンができる→新たなる
下ペインのURLをクローンペインにコピペ

さらに悪乗りして2ch以外の外部板も登録して開いてみる


上にスレッド一覧を配置するわけだが、詳しく見たいほうは
こんな風に気持ちスライドさせて大き目の画面にする。
ちなみに、ちゃんと書き込みもできる。

さらに悪乗りしまくってpuppyにも…
いや、これが本命なんだが同じようにやってみた。
証拠写真は…撮り忘れたのでまた次回。
puppyの日本語入力にこだわる
さて、前回はwine導入してWindows用のJaneを動かして
2ch(または互換掲示板)を見ることに成功したんだが、
本日はその掲示板でよく使われる顔文字の入力で。
いちいち(だの^^だのω(おめが)だの打って
(^ω^)なんてだいしていたんでは時間がいくらあっても足りない。

puppy4.004のデフォルトの日本語入力…めんどいからIMEでいっか。
ちなみにIMEはマイクロソフトの登録商標ではない。
MS-IMEと書いて初めて登録商標となる。

これがそのデフォルトのIME、CANNA。


なんともシンプルで…
とはいえ、インターフェイスはSCIMというらしい。
その中にあるのがCANNAと…なんだか面倒だな…。

そして辞書登録、たとえば(`・ω・´)シャキーンっていうのの場合。
HOMEボタンを押して、辞書登録を選択して…なんて面倒。


単語登録にコピペも使えないし、半角英数字を変換の場合も
F10キー一発でできないなんて…。

というわけでAnthyというIMEに乗り換える。
まずは
http://www.ring.gr.jp/archives/linux/puppylinux/packages/anthy-9100c-i686.pet
ここでAnthy本体を落としてくる。
次に
http://www.ring.gr.jp/archives/linux/puppylinux/packages/scim-anthy-1.2.4-i686.pet
インターフェイスとAnthyをつなぐもの?を落としてくる。
このままでは単語登録は無理なのでkasumiを落としてくるが…
これはなかなかpetパッケージがない。
近いうちにここでもアップロードするかな?

全部petファイルなのでワンクリックインストールで
あっという間に完了。


これがAnthyである。
見た目もMS-IMEとかAtokそっくりである。

辞書管理のkasumiを起動させる。


どっかで見たような…そう!
これこそまさにMS-IMEである!

ちなみにMS-IMEとかATOKの辞書ファイル…とはいってもテキスト
変換したものだが、一発でインポートすることはできないみたい。
でも、コピー&ペーストで一つづつこつこつと
登録すればいいだろう。

そうすれば
@しゃきーん→(`・ω・´)シャキーン
@がっくり→_| ̄|○
#とりっぷ→#(とにかく変な漢字の文字列みたいの?)
なんかに簡単に変換できて便利。
puppyもますますWindowsに近づいてきたなぁ。
puppyでDVD焼き
このpuppy、デスクトップOSとしてどこまで使えるか?
というわけで今回はDVD焼きに挑戦。
まずはDVD焼きアプリ「Pburn」を立ち上げてみると…



うむ、なんだかいつも使ってるNEROと違って
やたらとシンプルで軽い画面。

あれ?今回焼くのはDVDビデオなのにビデオを焼くが
グレーアウトしてる?これはどうすれば?
なんだが、実はデータを焼くで十分いいのだ。
DVDビデオというものは「VIDEO_TS」フォルダとその中に
決まったvobファイルさえあればいい。
DVDビデオも一種のデータであるから。

そして、「焼く」ボタンを押すと次にはいろいろな設定が出てくるが
書き込みスピード設定とCDまたはDVDの選択だけで良い。
もちろん、今回はDVDで2倍速。
ちなみに2倍速でわかると思うが今回はRではなくてRWを使った。
なにせ1回しか焼けないで失敗した場合、ゴミ箱直行の
Rよりも失敗してもフォーマットしなおしてまた使えるRWの方が良い。



これが焼き画面。
数字が100になったところで焼き上がり。
プログレスバーじゃなくてログファイルというのがLINUXというか
UNIX系らしいというか。

3GBくらいのファイルは大体20分くらいで焼けたが…
それにしてもリードインとリードアウト時間が長いな。


検査とかは特にせずに、そのまま完了でいい。
検査とかもあくまでも焼いたドライブでしかアテにならない。

そう、このように家電のDVDプレーヤーさえ使えばそれで検査になる。


使ったプレーヤーはPS2である。

ついでに

...read more