CALENDER

« 2006-01 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

CATEGORY

ARCHIVE

SERCH

LINK

APPENDIX

無料情報サイト Gabean.com
ブログ紹介

管理人:はまりゅう

自分のPCとか車について中心に書いてます。
写真はほとんど携帯のカメラで撮影したものです。
そろそろ500万画素くらいの デジカメかDV買おうかな?



ポータブルDVDプレーヤー
ポータブルDVDプレーヤー買ってきました。
近所のディスカウントショップにて9980円!
液晶画面付で1万円切ってるなんてこれは買い!!
ZTYPEとかいう怪しげなメーカーです。
ZTOー210とかいうモデル。

vfsh0006.jpg


さて…市販のDVD一枚ももってない自分。
というわけでHDDレコーダーからダビング(コピー?)した
ローゼンメイデントロイメントを再生。

変な音がしてディスクエラー?
と思ったら透明のプラスチック製のプロテクタが被ったままであった。

こいつを外して再生。

ちゃんと再生できた!
いや、車の中でも見たいから再生できないと意味ないけど…

明日は日曜日だから早速車に積んで見るかな?
軽いぞxfce
KDEとかGNOMEは一般に重い。
そこで低いクロック数でもサクサクうごくと言われてる
xfceっていうのを入れてみる。

いつもの呪文を唱える。
# apt-get install task-xfce

これで一回ログオフしてまたログオンする。
このときはデスクトップをxfceに。
snap.jpg


使ってみて…
派手さはKDEで軽さはGNOMEと言ったところか…

ところでこれにはGNOMEとかKDEみたいなデスクトップのスナップショット撮る
そういうアプリはついてはいないのであろうか

そしてcannaも使いやすくする。
特にF7キーでカタカナ変換できないのはつらいし
また、半角英数字のたびにcannaを立てたり落としたりは面倒。

というわけで
./cannaってやつを編集。
ちなみにいつもrootログインしてる。
なにせこのノート使うの自分だけだもん。
(だから/root/.canna)

これにこいつをコピペして追加。

;; 読みモード時

(let ((mode 'yomi-mode))
(set-key mode "\F6" 'hiragana)
(set-key mode "\F7" 'katakana)
(set-key mode "\F8" 'hankaku)
(set-key mode "\F9" 'romaji)
(set-key mode "\Space" 'henkan)
(set-key mode "\Enter" 'kakutei)
)


;; 単候補モード時

(let ((mode 'tankouho-mode))
(set-key mode "\F6" 'hiragana)
(set-key mode "\F7" 'katakana)
(set-key mode "\F8" 'hankaku)
(set-key mode "\F9" 'romaji)
(set-key mode "\Space" 'henkan)
)


;; 文字種モード時

(let ((mode 'mojishu-mode))
(set-key mode "\F6" 'hiragana)
(set-key mode "\F7" 'katakana)
(set-key mode "\F8" 'hankaku)
(set-key mode "\F9" 'romaji)
(set-key mode "\C-n" 'forward)
(set-key mode "\Down" 'forward)
(set-key mode "\Right" 'extend)
(set-key mode "\Left" 'shrink)
)

これによってワンキーでカタカナ、半角英数字変換できるようになった。

あとは無線LANアクセスマネージャみたいなのも入れてみたい。
(確かFedoraCore4にはそういうのがあったと思う)

ちなみにデスクトップ画像の撮りかたはこんな感じ。
$ sleep 10 ;xwd > capture.xwd
これはここより拝借
http://mcn.oops.jp/linux/topic2.10/screenshot.htm
これがPCCB-11も使える
今回はもう一枚のクライアント、PCCB-11も使ってみようと思う。
(画像)

そりゃ、メルコのほうはやっぱりwindowsで使いたいし。
(ユーティリティの関係が弱いからね…)
VFSH0005.jpg

この写真の上の方がcoregaのPCCB-11で下が万能選手のメルコの11L。

ここでまたまたgoogle大先生に頼り
http://search.luky.org/vine-users.5/msg05866.html

ここより

/etc/pcmcia/vine.conf に
---
card "corega_K.K."
version "corega_K.K.","Wireless_LAN_PCCB-11","Version 01.02",""
bind "orinoco_cs"

---
を付加せよとのいうこと。

ここで一旦メルコ製のカードを抜いてPCCB-11を挿してみる。

「ぴぽっぴぽっ」っと軽快な音がして無事認識。

だが、再起動すると(メルコ製のほうもだが)PCMCIA無線カードが死んでしまう。
何度再起動かけてもだめであった。

だが、起動後に挿入するときちんと「ぴぽっぴぽっ」と認識する。
ということでこれは完全にホットプラグなのか?

あらゆるページで書かれてたことをためしてもダメ。
挿しっぱなしのまま起動ではやはり難しいのであろうか?

IP固定とかまだまだやりたいことはあるというのに。

もうひとつ、sambaもちゃんと導入してwindowsときちんとファイルの
やりとりもできるようにしておきますた。
「localhost」というホストネームではwinからログインできないみたいなので
ちゃんと「notevine」とSWATにて変更しておきました。

ついでにcanna辞書に顔文字なんかも登録しておく。
特にキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!とかこいう文字はいちいちコピペはめんどい。

そこでATOKの辞書がこれ。
windowsだとsjisだがlinuxだとEUCっていうのが使われてる。
そこで一旦Kwriteでこいつを開くとこのとおりどこの国の言葉かわからん。
20060116225736.jpg


「ツール」→「エンコーディング」より「日本語sjis」を選択すればこの通り。
20060116225827.jpg



そして
/var/lib/canna/dic/user/root/usr1.ctd
こいつがcannaのユーザー辞書の正体。
どんなすごいものかと思えばただのテキストファイル。
これまたKriteで開いて先ほどのAtok辞書の中の単語を1つひとつコピペしていく。

尚、単語登録の際は一旦cannaを立ち上げてHOMEボタンを押して
設定画面を出して「5環境設定」→「3辞書マウント/アンマウント」によってユーザー辞書
(userっていうのがそう)の◎を○にしてから作業をする方がいいかもしれない。
20060116230028.jpg


実はコンソールからコマンドでする方法もあるんだけどなにせLINUX初心者。
その辺はやはりGUIでやったほうがいいかもしれない。

JAVA入れてV2Cも入れて
ノートPCで某掲示板を見るためにBBS2chREADERを導入したはいいけど
なんといってもクロック小数点以下のCPU。
それだけでは重すぎるということで今回はやはりなにかと便利なJAVAを導入。

JAVA導入と言えばこのページしかない。
前回の
http://hamaryu.2.dtiblog.com/blog-entry-38.html
より
http://www12.plala.or.jp/ksp/prog/java/inst.html
へ飛んでみることにする。

前回はsamba導入が主だったので本当にあっさりとし過ぎたが今回はもう少し詳細を。

まずはsunのページへ飛んでみることにする。

ここより
J2SE v 1.4.2_10 JRE(RPM in self-extracting file /14.12MB)
というやつを落としてくる。

まずは解凍(/homeにあるとします)
$ cd /home
$ chmod +x j2re-1_4_2_10-linux-i586-rpm.bin
$ ./j2sdk-1_4_2_04-linux-i586-rpm.bin

これでできたrpmファイルをインストール
$ su
$ rpm -ivh j2sdk-1_4_2_04-linux-i586-rpm

ここでつぎに問題の「pathをとおす」というやつ

Kwriteを立ち上げて「開く」メニューよりダイアログを確認。
このダイアログで「設定」(スパナとハンマーのアイコン)より「隠しファイルを表示」にチェックする
これで.bash_profileというファイルを確認。
なお、vineではrootフォルダにあった。
20060114212056.jpg


これよりこれらを最後の方に追加する。

JAVA_HOME=/usr/java/j2re1.4.2_10
PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/lib/tools.jar
export JAVA_HOME PATH CLASSPATH

メニューバーの「ファイル」→「保存」

これであとは一度ログアウトすればjavaインストール完了。

ついでにV2Cインストールっていうかこれはただ落としてくるだけ。
http://v2c.s50.xrea.com/

以下はhttp://hamaryu.2.dtiblog.com/blog-entry-38.htmlと同じ。

またまた今回もスクリーンショット。
20060114212120.jpg

ノート DE VINE
ついに入れてしましましたVINE3.1。
一番の鬼門であるPCMCIA無線LANカードはどうなるのか?

パッケージは最初はフルインストールを選択…
したのだが「フォントrpmがない」と途中で叱られまた振り出しに戻る。

そして今度はカスタムインストール。
抜いたのはサーバ関係のプログラムとCD書き込み関連。
だって書き込みできるドライブついてないし、書けても音楽CDはできないし
ファイル関連は日本語が使われると文字化けするし

で、Xは立つのか…?
立った!
VFTAS0004.jpg


そして鬼門のこいつはどうなるのであろうか?
VFTAS0014.jpg


おお!繋がった!
VFTSB0001.jpg


早速firefoxを落とす。
ディレクトリは/homeへと
そこに解凍してrootシェルから./firefox

そしてやはりいつもの呪文。

#apt-get update

これもなんとかここを見て出来るようになったんだが…
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/601vinedekde.html

GNOMEだと日本語入力CANNAが安定しないみたいなので
やはりここはKDEがいいのでろう。

でも一発で無線LANがwindowsなんかよりも簡単にいってしまうとは…

もう一方のCOREGA製PCC-11も挿してみたが
こっちはプラグアンドプレイとまではいかなかったか…

今度なにかと便利なメルコ製の無線LANカードを買ってくるか(もち中古で)

USBメモリ経由でお気に入り(bookmark)移行もやってみるか。
今のfirefoxではなにかと面倒だから。