CALENDER

« 2017-04 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

CATEGORY

ARCHIVE

SERCH

LINK

APPENDIX

無料情報サイト Gabean.com
ブログ紹介

管理人:はまりゅう

自分のPCとか車について中心に書いてます。
写真はほとんど携帯のカメラで撮影したものです。
そろそろ500万画素くらいの デジカメかDV買おうかな?



RD-E303でダビング
さて、先日も言ったとおりなんだが
このRD-E303は今までのAK-G200とはデジタル放送チューナー
以外でもかなり進化してると。
番組表なんかはインターネット対応で、iepgボタンを押すだけで
録画予約できる…と言いたいところなんだが、これは無理っぽい。
しかし、ONTVを利用したメール送信による録画予約には対応。
だが、ファイルサイズの大きなtsモードのみである。
っていうか、320GBしかないからtsモードなんかで録ったら
あっという間にHDDいっぱいに…。

それともう一つの売りであるビデオサーバ機能。
これはDLNAとも呼ばれるんだが実は…
コピーコントロールされたファイルは非対応。
つまりは地デジを録画したものは非対応で…使えない。

というわけで、本日よりDVDに落とし始める。


AKではRWはVideoモードでフォーマットかけたが
RDではVRモードでフォーマットをかけないとコピー(移動)できない。
まずは、先日スカパー!より録画した某ライブ番組で試す。
使用したディスクは、ドンキにて10枚スピンドル入480円だった
CPRM対応のディスク。
あとは、ほとんどAKと操作は同じで済むから楽である。



コピーした後は、何もなかったかのようにHDDから消えてしまう。
これでコピーしたファイルか?そうでないファイルか
わかるというの「「だけ」」がメリットだな。

さて、再生互換性はどうであろうか?
もちろん、VRモードとはいえファイナライズはRDでやっておく。
解除はいつでもできるし。


このように、ちゃんと再生できた!(当り前…)
ちなみに、これは例のアプコンのpip機能を使った画像。
あくまでもアナログVGAで繋いだ場合で、DVI-Dで繋いでも
PIP機能は使えない。

さて、次回はちょっと危なげなことをやってみる。
(だってせっかくの64x2マシンじゃないことしかできないって
ことをやってみたいもんね)
RD-E303ネット機能
先日購入したRD-E303なんだが、いままでのAK-G200とは違って
かなりパソコンでいろいろとできるらしい。
AK-G200の方は家電らしくほとんどリモコンで操作。
それに録画予約も内蔵された番組表だけ。
とはいっても、ジャンル別番組表なので見にくいとうことは
なんだけどね。

だが、一方のRD-E303はパソコンでいろいろと操作できる。


このとおり、ブラウザ上のリモコンでも操作できる。
ここで注意なんだが、最初はこのリモコンが現れなかった。
というのもただJAVAをインストールしてなかっただけ。
JAVAはできるだけ最新版をインストールしておいた方がいい。

そして録画予約。
これはメールでも出来るが、今回は
ブラウザ上での予約を行った。


さて、なぜかCS(スカパー)とWOWOWとスターチャンネルと…。
これはデジタルチューナー内蔵のレコーダーを購入すれば
最初の一週間だけは無料で視聴+録画できる。
ええ、もちろん最初の一週間はこの有料放送を録画(ダウンロード)
しまくりですなw

こっちが録画終了。


こちらは両方ともスカパーの大人の音楽チャンネルより
なつかしのロックアーティストのライブ。
どちらもTSではなくて一応念のため、MN1.4というかなり低めの
ビットレートで録画。
というのも、これくらいならあまり劣化は感じられない。

それと、スカパーもBSもそうだが、5.1ch番組は
必ずAVアンプを通した方がよさそうだ。
もちろんだが、音声はRCAではなくて光端子で。
これならかなりの大迫力でビジュアルを楽しめる。
オーディオビジュアルケーブル
オーディオとビジュアルケーブルっていえば皆
赤・白・黄色のピンコードを思い浮かべるだろう。
これが昔からある、そして最もポピュラーなRCAケーブルである。
赤=右音声、白=左音声、黄色=映像である。

が、最近の音声ケーブルはアナログでなくデジタルが主流か?
そのデジタルケーブルなんだが同軸(コアキシャル)と光(オプティカル)
と二つがある。
同軸はRCAのピンコード、それも黄色の映像コードに近いって
いうか全く同じものだが…。
使い回しができて安上がりといいたいところなんだが
実際に機器に使われてるジャックは、オプティカルが主流。
これは

ケーブル業界の繁栄のため


なのである。確かにコアキシャルばかりだと100円ショップでも買える
ケーブル済んでしまうので売れなくなってしまうんだろう。

映像の方は
S端子、コンポーネント、D端子、HDMIである。
HDMIは最近過ぎる規格でここでは割愛。
ここでも問題は、コンポーネント=D端子なのであるが
このD端子は、日本独自の規格である。
これというのも「コンポーネントは音声も合わせて5本も繋がないといけない」
なんていう嘘っぱちな理由でできた端子である。
これも大きな間違い。
実はこれまた

ケーブル業界の繁栄のため


これまた、コンポーネントの方が流行れば100円ショップで(略)

そう、海外ではデジタル音声はコアキシャルが、映像は
コンポーネントが主流なのである。
これも製造コストを抑えるためだ。
日本のAV機器が高いといわれるのは、こういうクソみたいな
オプティカルとかD端子なんてのを搭載しないといけないからだろう。
S端子か?コンポーネント端子か?
さて、先日は「センタースピーカーが使えない」話であったが
まずはセンタースピーカーは基本的には1台で使用するんだが
せっかく家に二台あるからモニターの両脇において使いたい。
しかし、両端子をセンタースピーカーアウトに繋いでしまうと
インピーダンスが低すぎ、そう3オームになってしまうので無理。
ということで直列接続にすれば12オームと高めになって安心。
これで立派な本格的サラウンドシステムができあがった。

次に今まで使ってたパイオニア製AVアンプだが
これは梶が谷のハードオフに持って行った。
なんと!あまりに古いにかかわらず100円で引き取って貰えた。
まあ捨てるつもりではあったし、かといって壊れてるのは
センタースピーカーアウトだけで普通に2chで鳴らすなら
何の問題もないし。
ちなみに家にあるFAXだが、見事にぶっ壊れた。
これも今度の休みにこのハードオフに捨てに
持っていこう。
そしてここでジャンクのPSP用S端子ケーブルを買っていった。
たったの300円だし、壊れてても文句は言えないか?
繋いでみると、やはりコンポジットよりもS端子の方がきれいだ。
20インチ以上のサイズではさすがにコンポジットとS端子の違いはわかってしまう。

そして100円ショップにて、オーデイオピンコードとビデオコードを一組づつ買っていった。
さて、先日のDVDプレーヤーに繋ぐわけだがもちろんコンポーネント端子に。
今までの失敗はなんと、

アップスキャンコンバータの設定がS端子のままだった!

という凡ミスである。
今回は映像シグナルをAVアンプ通さずに、アップスキャンコンバーターに
直結させる。
結果は…はい!ちゃんと映りました!
っていうか、やはりDVDの画質が元に戻ったというかかなりきれい。

画質のきれいさでいえば
HDMI(DVI-D)>コンポーネント(D端子、D-SUB)>S端子>コンポジット
だな。
これからは最低でもS端子を利用するようにしたいと。
64x2マシンがメインに?
さて、先日ヤマハのDSP-AX1200を中古で購入したわけだが。
動画関連っていうか映像はHDDレコはもちろんだが、地デジ
チューナーを購入以降はやはりPC動画が中心になってきた。
今までは再生のみというわけで牛丼マシンを使ってたが
こちらはアスロン2000+と今となってはかなり厳しい石。
なので1280x720のHDサイズ動画再生は厳しい。
せいぜい720x368のDVDサイズでなければ…。

ここで思い切って64x2マシン…そう、地デジ再生をらくらくこなす、
それもワンセグじゃなくてフルセグを、それも火狐でインターネットしながら
のいわゆる「ながら見」できるくらいの強力なCPUでないと
このHDサイズ以上の動画再生は厳しいだろう。

この64x2マシンをAVアンプに接続。
ちなみに、音声だけで映像は22インチディスプレイにDVI-Dダイレクト
接続をしてる。
AVアンプへは今のところアナログ音声接続。
MD入力に接続した。
そしてPC、つまりは64x2マシンの背面アナログ端子であるが
普通は緑のところに繋ぐのであるが、他にも
青=ラインイン、ピンク=マイク 黒=スピーカーアウト
オレンジ=スピーカーアウト グレイ=スピーカーアウト
とこのとおり5つもある。

青とピンクはそのままにしておいて
一応オレンジに繋いで。


本来はPC上にて5.1chサラウンド化するためにあるのだが
今回はAVアンプに接続して実現するのでここをライン出力
に変更する。
そして、今までの緑色の音声端子はヘッドホン出力用に
とっておくという方法もある。

思えばこのPCのマザーボード上にはデジタル入出力(S/PDIF)
つまりはコアキシャル(同軸)と光出力というのがあるんだが
ブラケットを別途購入しないといけない。
いずれはこのマザー上の二つを実現させる予定。

...read more