CALENDER

« 2017-08 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

CATEGORY

ARCHIVE

SERCH

LINK

APPENDIX

無料情報サイト Gabean.com
ブログ紹介

管理人:はまりゅう

自分のPCとか車について中心に書いてます。
写真はほとんど携帯のカメラで撮影したものです。
そろそろ500万画素くらいの デジカメかDV買おうかな?



デジカメ買うか?キーボード故障?
本題に行く前に先日携帯のカメラで撮った写真


庭の木に止まってたアゲハチョウである。
これは携帯の待ち受け画面サイズ(480x800)にカットしてあるんだが
それにしても最近の携帯のデジカメってすごいものである。
これだけ接写してもぶれないとは。
まさにカメラの進化である。
そういえば銀塩時代でもこんな接写なんてできなかったな。
ちなみにこのアゲハは3枚撮っておいた。
もちろんだが携帯の待ち受けにもしておいた。
そうなると欲しくなってくるのが、デジタルカメラ。

確かに携帯のカメラでもこれだけの写真が撮れるから必要ないと
思えるんだが、実は弱点がある。
それはまずは

フラッシュ焚けない

ということで、夜の撮影にはものすごく弱い。
確かに簡易ライトはついてはいるんだが、これでは影が
写ってしまうのはもちろんだが、かなりのバッテリー負担ゆえ
AFがきかないでぶれやすくなってしまうのだ。
母親の持ってる500万画素コンパクトデジカメ使ってみて
あきらかに違いはわかる。
ちなみに普段っていうか、スナップ写真程度でL判くらいのプリントなら
200万画素で十分であるが。
それと最近は1000万画素あたりが主流なんだが、L判くらいだと
500万画素との違いはわからないであろう。

それと、もうひとつは自分撮りっていうかセルフ撮り。
なぜか最近セルフ撮りすることが多くなってないのだが。
この場合は、セルフタイマーを使うことが多いだろう。
もちろんだが、911Tにはそんなものついてない。
母親のデジカメにはすごく使いやすいセルフタイマーがついてる。
これなら好きなように、それも顔だけじゃなくて全身写すことさえ
可能である。
いや、顔はあまり写ってほしくないって場合もあるが。

でも、911TにはBluetoothという無線ファイル送信システムが
あるからこれは便利だと。
もちろん、最新のデジカメにはほとんどついてはいるんだが。

...read more

今度こそ使えるドングル
本日、PCデポにてBlueToothドングルを購入。
バッファローエレコム製のBSHSBD03WHというやつだ。
以前あきばおーで購入したドングルは使い物にならなっかた。
というのも、BTのバージョンが低いのか、それとも
ドライバの相性が悪いのかはよくはわからないんだが。

それがそのドングル。


以前の海外製のよりもかなり小さい。
これなら邪魔にならない。

そしてこれが挿したところ。


Pen4マシンのメモリカードリーダーに挿したところである。
ちょっとわかりにくいが、青い光を放ってる。
今度こそ大丈夫そうだ。

さて、以前のドライバはBlueSoleilであったが、今度のは東芝製。
携帯電話も911Tだから東芝製である。
同じ東芝同士でつながらないってことはないだろう。

さて、ペアリングを済ませて早速携帯からファイル転送。


このとおりちゃんとデジカメ写真を受信してる。
今度はPCから携帯へと画像転送。
こっちもちゃんとできた。
やっと、うちも無線環境が揃ったといえよう。

...read more

寺の世界へ
さて、いきなりの誤変換。
実を言うと、ぎっくり腰の間には秋葉遠征なんてできやしない。
いや、むしろそうじゃなくてもなかなか行きにくい場所だが。
それもまずは中目黒まで自転車で行ってそこから地下鉄に…。
そしてあの迷路みたいな乗換えとか…

マジめんどう〜

ていうか、田舎とかだと普通に最寄り駅まであの距離はあるし…。
だが、乗換えとかあまり少ないみたいだし
これというのも開けてるところっていえば限られてるからだ。
それだけじゃなくて、公共の乗り物がない代わりに車が発達。
そしていいお店はだいたいは街道沿いにあって、無料駐車場も完備。
それに比べて東京って便利なようで実はものすごく不便な土地w

でも、最近はネット通販という武器があるではないか!
それに最近は2000円以上で送料無料が多い。
これなら交通費もかからんし、クレカ使えるしなかなかいいぞ。

てなわけで、こいつを6980円でゲットしてきた。


サムソン製の1テラバイトHDDである。
もちろん最近はIDEではなくてSATAである。
これなら、動画、それも無圧縮TSファイルもいくつも入るし。
もちろん、これは64x2マシンに組み込む。

160GBのIDEと400GBのSATAをはずして
え?なんで二つともはずしちゃう?
これも電源保護の役割である。
それに
160+400=560GB
これよりも容量が多いからモーマンタイ。
HDD入れ替えのついでに


このようにソフマップで以前購入したMagicStationを組み込むが。
ヘッドホン&マイクケーブル届かないw
ついでにIEEE1394なんていらねーしw
だから単なる前面USB端子増設に。
っていうか、USBも赤白緑黒のバラじゃなくて差込かよ!
もちろん内部からメスを引っ張ったんだが。

さて、電源ON!
そして管理よりフォーマットをかけて、このようにテラバイト。


…さて、160GBのIDEはどうしたか?
ここには一応圧縮かけた動画が入ってるので、いったん外付けケースに
ぶち込んでそこよりすべて寺へと移す。
もちろん、この前に寺のマイドキュメントフォルダなんて
開いてしまうとエラーになってしまう。

もうひとつの400GB、SATAは?
これはAtomマシンへと移植を。
こちらも一応は動画マシンに育てるつもりだし。
30日の執行猶予
何のことか?と思いきや、実は例のAtomマシンに
同じようにWinXPHomeを入れてしまったのだ。
ついでにワンセグチューナーも入れて簡易ビデオデッキの
代わりにも。
やはりLan内蔵のインテルマザーにLINUXはかなりの鬼門らしいし。
これでうまくいけば、AthlonXPマシンからWinXP消して
Ubuntu入れられるとは思うんだがどうだろう?

つまりは
64x2マシン=メイン+動画関連マシン(WinXPHome)
Pen4マシン=サブ+ゲームマシン(WinXPPro)
Pen4ノート=オフィスノート(XPPro)
セレノート=あれ用(W2K)
EeePC=BBスポット用(XPHome)
AthlonXPマシン=Ubuntu機
というラインナップになるわけだが。
そしてAtomマシンはノート並みの消費電力というわけで
地デジ録画マシンに変身させようとも考えてる。

結果は…
今のところ、IOデータのセグクリップの使い心地っていうか
視聴は問題ない。
もうひとつの問題は録画だが
こっちは見事にこま落ちはしてたんだが、PSPで見るとなると
また事情は変わってくるだろう。

さて、次回はメイン機のHDD入れ替え。
これというのも最近なぜかSATAドライブを見失うことが
多くなってしまったため。
Ubuntu
さて、前回よりもかなり日が経ってしまったが…。
実を言うと勤務中にぎっくり腰を患ってしまい
労災ということで全く動けずであったのだ。
ほとんど引きこもり状態^^;

で、今回はせっかく自分だけの時間も多く取れるということで
前に買ったD945GCLFで一台組み立て。



電源はこいつを使用。


玄人志向のKRPW-M250W、つまりはマイクロATX250W電源である。
というのも、先日っていうかぎっくり腰を患う前に購入した
ジャンクなミニタワーっていうかマイクロケースには
普通のATX電源は入らないのだ。
入らないこともないが、かなり加工が必要。

そして電源入れて、USB接続のDVDドライブを接続して
Ubuntuインストールだが…。

インストール途中で固まります、落ちます。

詳細は
9.04→通常版ではシステムインストール20%くらいのところで
「CDの状態を確かめろ」だの「冷えてから」だの
クソエラーで落ちる

9.04Alternative→やはりファイルコピー20%くらいで
「CDが読めませんでした」読めないってあんた知的障害?

8.10Alternative→9.04Altに同じ

7.10→ハードウエアが新しすぎのためにLiveCDすら立ち上がらず

というわけで、Ubuntuインストールは諦めで
WinXPProをあれして使うしかないな…。